トップページ > 委託への詳細

委託への詳細

給食委託業務の契約システムや、
経費分担、プラン作成のご提案

委託への詳細

契約システム

1) 管理費契約制  《食堂管理費用を予想定額で定める》
人件費、諸経費などを管理費として、月額一定金額を定め、それに材料費(事前に定められた額)に 月間食数を掛け合わせたものを加える方法です。
主に50食未満の事業所に適用します。
仮定 §最低食数 30~50食 400,000円
60~80食 600,000円
2) 単価契約制 《一食当たりに加工労賃を含める》
材料費と経費、加工費などを含め、一食あたり、または一日一人当たりの金額を設定する方法です。 主に昼食100食以上の事業所に適用します。

経費分担

経費の分担については、原則として次の通りです。 ただし、これらの分担はあくまでも一般的なもので、契約の内容によって変更は可能です。

企業側負担

  • 1
  • 食堂、厨房の施設、設備とその償却 管理人の一室
  • 2
  • 什器・備品の購入および補充
  • 3
  • 水道光熱費
  • 4
  • 施設の消毒および業務に要する消耗品質
  • 5
  • 業務に要する通話料

当社負担

  • 1
  • 給食材料費
  • 2
  • 従業員の給与、諸手当
  • 3
  • 従業員の保険、衛生および被服費
  • 4
  • 福利厚生費
  • 5
  • 営業経費
  • 6
  • 官庁諸手続き費用

ご相談から稼動までの流れ

ご相談

基本プランの作成

検討会

プランニングとシステム化

テスト稼動

食事単価は別途ご相談
凡例
選択
ページの先頭へ